お隣さんからおかずのおすそ分け

標準

うちのご周りさんに、魚釣りを好みとしているおじいちゃんがいる。釣りがある昨日は、ここぞとばかりに張り切っているので見ても一気にわかってしまう。おうちの庭園で釣竿などを綺麗にセッティングし、そしたらラジオ体操を通じてますからね。そうして、前日も早朝にからで海釣りに出かけたみたいでした。帰宅すると、おすそ分けだよ、というたくさんのお魚を届けてくれました。アジやキス、そうして、ちびっこが喜ぶ定番の少ないかに。毎月の定例催し物になっていますが、本当は我々は、魚がさばけません。各回、帰還後のお疲労一色の彼にさばいて買う処分だ。しかも、かにはちびっこが飼育していますが、依然として悪いのでそこまで用心もできず、全く彼の取引になっています。喜ばしいのでめっきり有り難いのですが、我々は正真正銘、かにですら恐ろしいのです。時折ゴワゴワって流れると、よもや投げ出すんじゃないか?って不安になるほどだ。おじいちゃんのおすそ分けが喜ばしい反面、さっと恐怖でもあります。断じて釣れない地点まで期待して仕舞う自分がいてスミマセンなと思っています。それでも、見事に常に釣ってくるので、これまた驚きです。それでは、魚をさわるようにしたいものですが、対策が見当っていません。lineid掲示板でQRコードも交換