たくさんになっても青春気分は味わえます。

標準

NAVIを設定してちょい離れたモールにクルマを運転して行きました。その時に見覚えのある小道に誘導されました。そこは、3ご時世プレハイスクールの取締役を通じていたときの女性のごうち前のショートカットでした。「このあたりにS氏の住宅があったような気がする」と思い懐かしくて探していました。そうすると借家の小道具がドアの前に立っていました。「律儀ここだったハズ」といった土産をたぐりクルマのテンポを落として望ましく見ましたが確かにS氏のお宅でした。「お移動されたのね」と思いながらなんとなく心がキュンとして動揺してしまいました。「落ち着け落ち着け」と自分に言い聞かせモールに到着しました。
赤ん坊がハイスクールだった内、俺は紹介の取締役を3通年やっていました。S氏もおんなじ学年で紹介部でした。他の学年は8名あたり取締役がいるのですが私達の学年は6名で小さめでした。ハイスクールの教え子の容貌や教員、部活、会合位を紹介する紹介読物を出しご時世3回、3年間で9回の紹介読物を供与しました。そのたびに何日か固まるのですがおんなじ学年のお母さん達とひとりでに仲良くなり勉強以外でも昼飯をするようになりました。
その3年間でおんなじ学年のお母さん達には坊やのバイク災難、義理の親の疾病や死別、坊やの退学、長男の急死、赤ん坊が未婚の妻になったりとほんとに色んな事が起こりました。紹介読物に載せる文案をチェックしながら異存や気がかりを話しました。ハイスクールとなると小中校とは違い学区がないので一丸、少し離れている所にいるので気軽になんでも話せました。ハイスクールの終了バージョンの帰路も皆でのろい昼飯に行きました。それから一度だけ昼飯をした事があるのですが忙しさにかまけて会っていませんでした。
勉強の3年間の取締役はとても危険でした。忙し時間を割いてハイスクールまで赴き、紹介読物の為に取材に行ったり、誤字、脱字でおわびを載せ、次は嬉しい紹介読物を発行するぞと意気込んで過ごしてきた時間は楽しかったのだと思います。S氏のお宅の借家の小道具を見て心が痛くなったのは、いつでも出会えるとしていたからです。複数になっても胸を熱くして夢中になって過ごした時間はある意味、青春と同じだったのかもとおこがましくも思ってしまいました。