エドワード・ゴーリーのエキジビション

標準

画集アーティストのエドワード・ゴーリーのエキシビションをめぐってきました。
俺は昔からゴーリーの作が大好きだ。モノクロの緻密な線画、シュールレアリズム、ナンセンス、筋違いなダイアログがおとな向けでさんざっぱら味わい深いだ。同じタイプのヤンシュヴァンクマイエルや、トーベ・ヤンソンも大好きです。だいたいこういうエキシビションに来ている人のほとんどが知っていると思います。客席は男女同じくらいの比率で、学生らしい人から高齢の方まで数々でした。ゴーリーは滅茶滅茶かつ暴力的形成が多いので、さすがに幼児単独での来場はなさそうでした。ゴーリーの作はとても幼児向けとは思えませんが、ゴーリー本人は幼児向けに作を作っていたと言われているそうです。
今回のエキシビションでは物販余りもあり、貴重な製品を手に入れることができました。世界的に何より人気のある「うろんな客」の特異がプリントされたマグカップ、位置付けカードは特に看板でした。本当はセル図が欲しかったのですが、ちょっぴり高かったのでお手上げし、位置付けカードを購入しました。チラシも持って帰ったので、切り抜いて位置付けカードと共にバリアーに飾っていらっしゃる。
国中を巡回するようなので、マニア以外の第三者にも是非見てもらいたいだ。http://xn--nckaqb1954d8owc.com/