お一人様カラオケは意外と楽しい!

標準

私の多いホビーの一つが、単独カラオケだ。
それぞれもののカラオケも楽しいですが、ひとりで絶えず歌い積み重ねるカラオケも明るいのです。
まず第一に、「好きな曲を歌える」事です。
それぞれといった行ったら、「こういう曲は、物悲しいから歌ったら、盛り上がり下がるよな…」とか、「こういう曲は、総出知らないよね…」とか、考えてしまいます。
但し、単独だと、その危惧はありません。むしろ、総出知らない曲だったり、盛り上がりが下がる曲を自分が気が済むまで、何度でも歌えるのです。
次は、それぞれと行くと、何だか、自分が歌っているというのに人様で喋っていたり、スマホいじってたり、尽力が出来ません。
ですが、単独なので、静かな空席で歌える。周りを気にせず歌えるのは、興味深いですよ。
三つ目は、あまりにそれぞれってカラオケに行くという、おんなじ曲を何度も歌うのは躊躇われます。それに、「よく知らないけど歌いたい曲を歌って、必ずわからくて、途中で止めてしまったら」なんて事を考えて、歌うのを止めてしまったりした事はないでしょうか。
ですが、単独ですと、おんなじ曲を何都度歌っても、誰からもクレームは言われませんし、カラオケのレパートリーを繰り返す事も可能です。単独カラオケでレパートリーを足したら、大数でのカラオケで曲に悩む事も収まるかも知れませんよ。
最後に、単独カラオケには単独カラオケの、大数のカラオケには大数のカラオケの楽しみ方があります。
ぼくは、単独カラオケが好きですが、時折いく、大数のカラオケでわいわいするのも面白いだ。
皆さんも、自分に当てはまるカラオケを通してみてはいかがでしょうか。http://m-seikan7.com/

安達太良山の山開きをめぐってきました

標準

オフィスの同士に誘われ、国中百名山の一つ安達太良山の山開きをめぐってきました。
約20階級風の山登り、常日頃のアクション不完全など心労はありましたが、たまには大野放しを満喫するのもいいかから道連れさせてもらいました。
安達太良山の山頂を目指すにはいくつもの通り路がありますが、今日はロープウエーで八合眼をめぐってから上がる一番楽な薬師岳通り路で、いよいよ発。山頂まで約1瞬間30取り分とパンフレットに書いてあったので、「じりじり登れば楽勝」と思いきや、何しろ日々の怠惰な生計のツケが回ったのか悪戦苦闘。時には、同士に休憩をお願いしながら、初めて山頂を目指しました。
幸いにも今日は絶好のお空模様で特有もなく、また登山の途上、登ってきたプランを振り返ると凄い全景も堪能できたので、セキュリティ山頂に到達することができました。
山頂に付くという今や皆が集まっているインナー、山開きのセレモニーが行われてあり、地元の市長君もいらして「今日は何十階級風かの素晴らしいお空模様のもとでの山開きになりました」といった会釈していましたので、目下久々の山登りに挑戦したのは思い切りラッキーなことだったのですね。連れてきてくれた仲間にサンキュー。
もちろん山頂からのパノラマは秀逸し、エアは美味いし、目下限定の新鮮ペナントも頂けたから、言うことなしでした。
疲れは当然ありますし、明日は筋肉痛に悩まされるでしょうが、山登りもたまにはいいなと思いました。次は、もうちょっと長い通り路に挑戦してみたいと思います。http://realchoiceinillinois.org/

たくさんになっても青春気分は味わえます。

標準

NAVIを設定してちょい離れたモールにクルマを運転して行きました。その時に見覚えのある小道に誘導されました。そこは、3ご時世プレハイスクールの取締役を通じていたときの女性のごうち前のショートカットでした。「このあたりにS氏の住宅があったような気がする」と思い懐かしくて探していました。そうすると借家の小道具がドアの前に立っていました。「律儀ここだったハズ」といった土産をたぐりクルマのテンポを落として望ましく見ましたが確かにS氏のお宅でした。「お移動されたのね」と思いながらなんとなく心がキュンとして動揺してしまいました。「落ち着け落ち着け」と自分に言い聞かせモールに到着しました。
赤ん坊がハイスクールだった内、俺は紹介の取締役を3通年やっていました。S氏もおんなじ学年で紹介部でした。他の学年は8名あたり取締役がいるのですが私達の学年は6名で小さめでした。ハイスクールの教え子の容貌や教員、部活、会合位を紹介する紹介読物を出しご時世3回、3年間で9回の紹介読物を供与しました。そのたびに何日か固まるのですがおんなじ学年のお母さん達とひとりでに仲良くなり勉強以外でも昼飯をするようになりました。
その3年間でおんなじ学年のお母さん達には坊やのバイク災難、義理の親の疾病や死別、坊やの退学、長男の急死、赤ん坊が未婚の妻になったりとほんとに色んな事が起こりました。紹介読物に載せる文案をチェックしながら異存や気がかりを話しました。ハイスクールとなると小中校とは違い学区がないので一丸、少し離れている所にいるので気軽になんでも話せました。ハイスクールの終了バージョンの帰路も皆でのろい昼飯に行きました。それから一度だけ昼飯をした事があるのですが忙しさにかまけて会っていませんでした。
勉強の3年間の取締役はとても危険でした。忙し時間を割いてハイスクールまで赴き、紹介読物の為に取材に行ったり、誤字、脱字でおわびを載せ、次は嬉しい紹介読物を発行するぞと意気込んで過ごしてきた時間は楽しかったのだと思います。S氏のお宅の借家の小道具を見て心が痛くなったのは、いつでも出会えるとしていたからです。複数になっても胸を熱くして夢中になって過ごした時間はある意味、青春と同じだったのかもとおこがましくも思ってしまいました。