一人暮らしの電灯の執念

標準

自身はいま一人暮しを始めたのですが、内部で内だけこだわっているものがあります。それは輝きだ。
座敷にはメインとなる蛍光輝きの他に、飾りとしての輝きがいくつかあります。一番の注視は「フェアリー輝き」だ。これはか細い針金につまらないLED輝きが点々という付いたもので、物悲しい座敷で灯すといった全く妖精が飛んだ跡ものの形勢になります。針金なので自由に動きを塗り付けることができます。自身は大きな姿見の周りに付けていますが、まったく素晴らしい雰囲気を出してくれるのでとても愛する。洸が鏡に思え込むようにして飾り付けると、一層光線が増えて素敵だ。
次に愛するのが、毛糸ボールの輝きだ。ポンポーン玉にカラフルな毛糸が巻いてあるロープ状の長い輝きだ。自身はこれを限度から何連かにしてぶら下げて使っています。
特別新しく追加した輝きは、LEDろうそくだ。普通のろうそくは火の加工が心配なのですが、これはLEDなので引火の心配もなく、激しくならないのでどこにでも置くことができます。ニトリで4個300円程度で購入しました。IKEAのひとつ49円のキャンドルグラスに入れて使用しています。IKEAにもLEDキャンドルはあるのですが、ニトリの方が安いですし、ちゃんと火がゆらゆら揺れてリアルなのでおすすめです。http://xn--id-s73a9e6gpf5c3olgxdd4473gm2hfj1ap5wr4mvwplj9e.com/